ホーム > 教室一覧 > 穀菜食堂プク造

穀菜食堂プク造

  • 穀菜食堂プク造のイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のイメージ画像

元気がプクプク*穀物菜食の料理教室

教室がある紀美野町は、大阪から車で一時間半で来られる「都会に近い田舎」ながら、深い山に囲まれ、清流の流れる「豊かな田舎」です。
穏やかな時間の流れるこの場所で、心と身体から元気がプクプクあふれ出す、つぶつぶ料理を学んでみませんか。

2017年10月に古民家をお借りし、2018年4月にキッチンの改修を終えました。
明るい光が差し込む、木の香りいっぱいの心地よい空間です。
山の中腹にあるので、眺めも最高!
とっておきの場所に遊びに行くような気持ちで通っていただけたら嬉しいです♪

☆教室の改修に関してはこちらのブログ、カテゴリー「PukuzohリノベFes」をご覧ください。
http://pukuzhorenova.ko-me.com/

☆駐車について
公共交通機関では来づらいので車でのお越しをお勧めします。
教室には三台分の駐車スペースがあります。
至る道は狭くて急な坂ですが、運転に慣れていて、軽自動車ならそれほど難しくありません。
大きな車、運転に慣れていない方は、少し離れたところに車を置けるスペースがありますので、そこまでお迎えに参ります。(5分もかかりません。)

*****

教室をお気に入りに登録していただいた方に、愛を込めて!レッスン情報のメルマガをお送りしています。
ぜひぜひ、ご登録ください。

登録の仕方は、
https://tubutubu-cooking.jp/posts/detail/11
をご覧ください。
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
  • 穀菜食堂プク造のサブイメージ画像
主催 [つぶつぶ料理コーチ] こみなみ まきこ
教室名 穀菜食堂プク造
住所 和歌山県和歌山県海草郡紀美野町
アクセス 大阪からは一時間半くらいで来られます。
海南東ICを降り国道370号を高野山方面へ。
「釜滝薬師」を目指してお越しください。
駐車場 あり *詳細は「教室情報/駐車について」をご覧ください。

講師紹介

こみなみ まきこ

数年前に十二指腸潰瘍を患い、胃薬を飲まないと日常生活に支障をきたすほどの状態になりました。
このまま対処療法に頼っていても治ることはないだろうし、一生薬を飲み続けるのは嫌だなと思っていたところ、菜食料理の本に出会いました。
その本には菜食を始めて体調がよくなったことが書かれており、ならばと実践してみたところ、胃痛が収まっていきました。

その流れで菜食料理の本を集め出したところ、「つぶつぶ」を見つけました。

「つぶつぶ」に書かれていた内容は、他の菜食料理の本のそれとはだいぶ違っていて、興味が湧きましたが、本を見ながら自分で作ってみても、満足できる味にはなりませんでした。
一年ほど迷いましたが、ここで紹介されている料理の本当の味はどんなものだろう?と気になり、Scene1に申込みました。

当時は、まだ胃痛が抜けきらず、長時間座っていることが辛かったので、抱きかかえるためのクッションを持参しての参加でした。
高額だし、どんな内容なのだろう、と、恐る恐る参加したセミナーでしたが、その内容に目からうろこが落ち、いただいた料理には、今まで味わったことのない満足感を得ました。
セミナーを受けたのは冬の寒い日、平熱が35℃を切ることもあるほどの低体温でしたが、Scene1の帰り道は、心も体も満たされてぽかぽかと温かく、汗をかくほどでした。

Scene2、3と受講し、未来食スクールに通いながらつぶつぶを実践して、「食」で体や心が楽になるのだということを、すっかり良くなった体調、タフになった身体で実感しました。

以前の私のように、ひとが食べるものに対する知識がないために、体や心を病んで、一度きりの人生を台無しにしてしまうのは残念なことです。

菜食を始めてからは、「健康」や「体にいいもの、悪いもの」を頭に置いて食事をしていましたが、つぶつぶを学んでゆくうちに、「おいしいからつぶつぶを食べたい」と思うようになりました。


【おいしくて、しかも元気になれる。】
──そんなすてきな料理を知らないのはもったいない!


毎日おいしいつぶつぶ料理を食べれば、元気になります。
元気な心身は、自身の個性・才能を発揮する土台になります。
そうして、イキイキ活躍するひとばかりになったらきっと楽しいなと想像しながら、つぶつぶ料理をお伝えしています。


つぶつぶ料理は、現代食の調理法で作ろうとすると、イマイチな仕上がりになることがあります。
おいしく作るには、少しコツが必要です。
そのポイントを押さえれば、簡単でおいしいレシピがたくさんあります♪

つぶつぶ料理初挑戦で見事つまづいた私ですので、失敗を活かしたコツをお教えできます。
まずは一度、味わいにご参加ください♪
認定資格 つぶつぶ料理コーチ
セミナー受講履歴 未来食セミナーScene1~3
未来食スクール(基礎、応用)
天女セミナーScene1、2
つぶつぶ料理コーチ養成講座
ベジタリアンアドヴァイザー認定講座
天女レッスン受講中