ホーム > つぶつぶ雑穀ヒストリー

つぶつぶ雑穀ヒストリー

● 国産・農薬不使用

農薬を使わず真心を込めて育てられた雑穀はおいしさが違う!

● 顔が見える

つぶつぶの活動に賛同している「つぶつぶ栽培者ネット」または顔の見える地域団体の雑穀です。

● 使いやすい量

レシピにあわせた1カップ。雑穀は炊くと2~3倍に増えるので、1カップで約10人分のおかずが作れます。

 

雑穀食文化の衰退と輸入雑穀の台頭

雑穀は明治の初め頃は今よりずっと多く栽培されていて、山間地では昭和30年代まで主食として食べていた地域もありました。

ところが、政府の西洋文化化政策による生活の近代化が進むにつれて、急速に日常の食卓から姿を消し、約40年前にはほとんどの日本人がその存在すら知らないという状態になってしまいました。

ちょうどその頃、一時的に雑穀がアトピーの治療食として注目されました。その結果、急騰する需要に国産雑穀が不足し、飼料用に輸入された、農薬や燻蒸薬品の使用された雑穀が国産無農薬と表示して売られるなどの事態が起こりました。

輸入雑穀には安全面の心配がありますが、それ以上に問題なのがおいしさ。日本の雑穀はもともとおいしい品種がていねいに栽培され種が継がれてきていますが、飼料用に栽培されてきた雑穀は食味などおかまいなしです。

こういう雑穀にあたってしまった人は、雑穀そのものがおいしくないと思ってしまいます。国産の無農薬のおいしい雑穀を増やしていかないと大変なことになる、とつぶつぶは考えました。

雑穀生産の新しい動き

そこで、雑穀の存在をもっと広く知ってもらい、国産の雑穀を普及していくために、呼びかけを始めました。

この呼びかけにより約200人もの人が雑穀栽培にチャレンジし「つぶつぶクッキング」の輪が広がりました。さらに、このキャンペーンに呼応する人たちの中に、「農や食の生態循環に一番合った食べ物、循環型農業への鍵になる作物」といった視点から、新しく自発的に雑穀栽培に取り組もうとしていた人たちがいました。彼らの取り組みとつぶつぶを結ぶネットワークとして「つぶつぶ栽培者ネット」ができました。

透明な雑穀流通をめざして

「つぶつぶ栽培者ネット」で個人生産者が増えていく一方、岩手県や福島県などをはじめとする各地で、雑穀の生産に取り組む自治体も徐々に現れ始めました。

暮らし手の中にも、健全な食を求める欲求の高まりから、雑穀に魅力を感じ、つぶつぶクッキングを日々実践する人たちが確実に増えてきていました。

しかし、雑穀の栽培に取り組もうと思っても、調整法がわからない、売り先を見つけられない、収益があがらないなどの問題を抱えていました。暮らし手の方でもどこで買ったらいいか、どう調理したらいいかなどがわからず、あきらめてしまう人たちも多くいました。

そこで1998年4月、つぶつぶの呼びかけで、栽培者、暮らし手、売り手など、さまざまな立場から雑穀に取り組んでいる仲間たちが、山形県小国町の「いのちのアトリエ」に集まりました。そして、国内の雑穀栽培の火を消さないために、「作る人」と「食べる人」とそれを「つなぐシステム」を実現しようと、泊まり込みで話し合われました。

そんな積極的な取り組みの末、登場したのが、「つぶつぶ雑穀1カップシリーズ」です。

 

つぶつぶ栽培者ネットは、雑穀を育て、自らもつぶつぶの実践を楽しんでいる栽培者のネットワーク。もちろん、つぶつぶの会員です。

雑穀の生産から販売までや、栽培・調整技術の交換をしています。

大島農園 大島勉さん(新潟県)

つぶつぶ歴14年。我が家の毎回の食事の7割は穀物で、3割は野菜。だから我が家は畑の面積も7:3。この「つぶつぶ農法」を評価してくださる方が増えてきていて、最近では、栽培者ネットの会員さんに農法や調整法、体験談などをお伝えする機会も設けています。