ホーム > 教室一覧 > ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室

ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室

  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のイメージ画像

毎日が楽しくなる!雑穀と野菜の料理教室❤

家族の健康を思う主婦のための料理講師、

ホホラカメつぶつぶ雑穀料理教室の高杉多希です!

サイトをご覧くださり、ありがとうございます♪


隔日でメルマガを配信しています。

ぜひ「お気に入り登録」して、受け取ってくださいね❤


つぶつぶでの失敗談や私の昔話、

日常のアレコレやおススメ料理など、

色々なことをお伝えしています。


料理教室に来るか迷っている方も、

まずはメルマガを受け取って、

私・高杉多希がどんな感じの人間か、

知ってもらえたら嬉しいなぁと思います♪


さてさて、

なぜ私がわざわざ東京へ通って、

つぶつぶ料理教室を開こうかと思ったかというと...



【 どうして美味しく作れないんだろう...】


美味しく作る自信がない。

でも家族のために、ご飯を作らなくちゃ。



かつての私は、そんな思いを抱えて、

毎日料理をしていました。


子どもを健康的に育てたい。

なるべく自然に。


食べるのが好きな私は、

たくさんの健康食情報を調べては、

肉なし、油なし、塩控えめ、砂糖なし、

の料理こそが、正しい食だと思っていました。



けど、一方で、

今日も夫からは、美味しいって言われない。

私って駄目な主婦。



と365日自己暗示し続けた日々。



でも、そんなことは認められなくて、

「自分の料理は不味くない。

正しい食を理解してくれない夫が悪い」

と意地と虚勢を張っていました。



しかし、つぶつぶに出会い、

雑穀と野菜で作る、

しっかりお塩も油も使った料理の、

理論の矛盾の無さと美味しさに、


「これをもっと広めたい!」


と思ったのでした。


それから、

東京の料理教室に1年間通い、

本物を見て、食べて、

知ることで、味はもちろん、

考え方まで変わりました。



【 料理に自信を持てば、あなたの毎日が輝きだします 】


気が付けば、いつのまにか、

夫が「美味しい!」と食べるようになっていました!


私が作る料理は、365日美味しい!嬉しい!


そう思った途端、自分に本当の自信がつきました。



だからこそ、この「つぶつぶ」という、

雑穀と野菜と日本伝統の調味料を使った料理を、

私の地元・青森県弘前市近郊の方にも楽しんでほしい!

という思いで、料理教室を始めました。



理系で几帳面な私だからこそ、

普通は気づかないような小さなコツも、

分かりやすい言葉でお伝えして、

お家での再現率100%を目指しています。


最近では、

「多希さんが料理してると実験みたいですね」

「ビーカーと白衣が似合いそうです」

とお客様にも言われています(笑)。


そういえば、実験でも重要視されるのは、

再現性、

誰でも同じように出来ること、なのです。



だからこそ、レッスン後、

1か月はメールフォロー☆



「せっかく習ったけど、同じように出来なくて...」

なんて、もう言わせません。



雑穀と野菜たっぷりの料理を楽しみながら、

輝くあなたを手に入れましょう❤


ぜひ、「お気に入り登録」して、

メルマガを受け取ってくださいね❤


そして、

レッスンでお会い出来るのを、

楽しみにしています♪


つぶつぶ料理コーチ  高杉 多希
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
  • ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室のサブイメージ画像
主催 [つぶつぶ料理コーチ] 髙杉 多希
教室名 ホホラカメ つぶつぶ雑穀料理教室
住所 青森県弘前市大字新里
アクセス 弘南鉄道新里駅から徒歩8分
駐車場 6台まで駐車可

講師紹介

髙杉 多希

雑穀料理教室講師/家族の健康を思う主婦のための料理コーチ
雑穀カフェ「Wasamodora」(ワサモドラ)オーナー

1982年1月10日生まれ。
弘前市出身・在住。弘前三中、弘前工業高校建築科卒業。

全員大食漢で、食べることが大好きな家で育つ。
人間観察が好きで、人に関わる仕事がしたくて、
工務店営業、写真館アシスタント、保険外交員として働く。

2005年長男妊娠と共に始めたブログで、発信する楽しさに目覚める。

2006年長男出産時に専業主婦となり、自然な子育てと生活を目指すが、
健康情報に振り回され、夫に美味しいと言ってもらえず涙を流す日々の中、
当時住んでいた八戸市で、雑穀と野菜のベジタリアン料理「つぶつぶ」と出会う。
その美味しさと理論の矛盾の無さにほれ込み、伝える道へと進む。

つぶつぶ未来食スクール(東京)へ通い、
2016年1月より、つぶつぶ認定「つぶつぶ料理コーチ」となる。

以前の自分のように、料理が美味しく作れなくて自分に自信がない人、
健康に不安があるが、食事をどのように変えたら良いか分からない人へ、
食と健康のつながりを「美味しさのルール」で伝える。

参加者からは、
「丁寧に教えてくれるので、家での再現率が高い」
「家族にも好評!」
「毎日料理をするのが楽しくなった」
との声が多い。

Facebookに投稿する毎日の食卓の写真や、
日々の気付きを伝えるメルマガも好評。

夢は、料理を楽しむことで自信を持って輝く女性でいっぱいにすること。
「つぶつぶの楽園・弘前」を目指し、自宅で料理教室を開催中。

雑穀料理を食べてみたい人のために、2017年6月、
水曜日だけの雑穀カフェ「Wasamodora」(ワサモドラ)をオープン。

夫と11歳、8歳の男の子の4人家族。
カラオケ大好きで、「千本桜」を歌って踊れる。
「多希さんが料理をしていると、理科の実験をしてるみたい」
と言われ、白衣と試験管の購入を真剣に検討している。
(試験官は買いました※2018年3月)
認定資格 つぶつぶ料理コーチ
セミナー受講履歴 2012年 未来食セミナーScene1受講
2013年 未来食セミナーScene2受講
2014年 未来食セミナーScene3受講
2015年 未来食スクール基礎全過程修了
2015年 未来食スクール応用全過程修了
2015年 つぶつぶ料理コーチ養成講座受講