ホーム > 講師一覧

講師一覧

「つぶつぶ料理コーチ」とは

キッチンからはじめる私革新!を理念に、「未来食つぶつぶ」の
「簡単・おいしい手料理術」を自らが実践し伝えるつぶつぶ認定講師です。

のびやかな心で、
生命のルールを外さずに食の転換を楽しむための心と技とともに
つぶつぶオリジナルの料理術を伝えます。

つぶつぶ料理教室の講師は単年度更新制です。
つぶつぶマザーは「未来食セミナー講師」の資格をもったつぶつぶ料理コーチです。

工藤 省子

青森県
省穀堂の「省」の字は「しょう」と読むと「はぶく」という意味になりますが、「せい」と読むと「よく見る」「かえりみる」という意味になります。 忘れ去られかけていた雑穀のことを省み、よく知り、世に広めて行きたいと思っています。 もう一つ、「省穀堂」をひらがなにして真ん中で分けると、、、、、ねっ(^_-)!私がいるでしょ⁉︎

熊本 安代

埼玉県
つぶつぶ料理コーチ「つぶの和キッチンIN和光」主催 1973年4月生まれ 0型  埼玉県川越市出身 栄養士/調理師/マクロビオティッククッキングスクールリマアドバンスコース卒業 小さい時から料理をして食べるのが大好きでお菓子作りも大好き! 学校給食の調理員として6年間勤務。 のべ5万4000食以上を提供し、その数の分だけの子どもたちの笑顔に出会い、自分がつくった食で笑顔に出会える喜びに気づく。 その後、未来食カフェレストランTUBETUBEで一年半勤務。 その一方で、家庭に目を向けたら夫の血糖値、コレステロール値、さらには自分の体重増加の課題に直面。 どうしたらいいんだろう・・ と悩んでいた時に、以前から興味を持っていたつぶつぶ料理を実践してみよう!と思い立つ。 そして、2年で夫の血糖値コレステロール値も改善!さらに、無理なく10キロの減量に成功。 自分も気がついたら5キロ減量。 この経験を通し、同じような悩みを抱えている人たちの力になりたい!食を通して笑顔を増やしたい!とつぶつぶ料理を伝えるコーチ資格を取得。 2016年「つぶの和キッチンIN和光」を開始。 つぶつぶ料理コーチとして2年でのべ160人以上ににつぶつぶ料理を伝えている。 参加者からは 「つぶつぶ料理のコツやポイントを細かく教えて貰えて、  早速作ったら自分の想像を超えるくらい美味しくできました」 「手際よくデモンストレーションを見せてもらいながら大切なポイントを  わかりやすく教えて貰えたので自分でも上手に作れるイメージを持って帰れます」 「盛り付けやテーブルコーディネートもセンス良くてウキウキしました」 「アフターフォローもしてくれるので確実に美味しくできます」 「質問にも丁寧に答えてくださるのが嬉しいです」 と好評。 夢は「つぶつぶ料理で世界を変える!」を合言葉に、簡単で美味しいつぶつぶ料理をワクワク楽しむ人や、自分と家族の健康を守れる自信を持った女性、日々の手料理で輝く人でいっぱいの社会にすること。 夫と中三、高三の娘の4人家族。 趣味は読書(島本理生)ジャズ(小林圭)、ボサノバ(小野リサ)、クラッシック(ラフマニノフ〕を聴くこと。 また、夫と光が丘公園を散歩すること、娘たちと夕食の時おしゃべりすること、カフェでまったりする自分と家族を満たす時間も大切にしている。

小暮 ナヲミ

埼玉県
食を通じて人と触れ合うことを楽しみましょう!! つぶつぶ雑穀料理教室 ふれあいキッチンは埼玉県の東部 『クレヨンしんちゃん』 全国的に知れ渡っている春日部市で開催しています。 つぶつぶ料理は、肉、魚、乳製品、砂糖を使わないベジタリアン料理です。 野菜と穀物、海藻を中心に日本の伝統調味料を使って作るお料理です。 栄養バランスに富んだ料理はのレシピは3000種類を超えております。 私も大好きなスイーツもたくさんのメニューを揃えています。もちろん砂糖を使わなくてもとってもおいしいのです。 かつての私は、体調不良を起こして、いろいろな情報に振り回されてきました。 そんな時に出会ったつぶつぶ雑穀料理の美味しさに感動して続けてくることが 出来ました。 現在の食生活に不安を感じている方々に、ぜひこの料理の良さを体験し感じて いただくために、料理教室を開催することにしました。 料理がマンネリ化して苦手を感じている方、小さなおお子さんがいる方、 妊娠中の方も参加できますので、先ずはふれあいキッチンのドアーを ノックしていらしてください。 皆さまとのふれあいに胸をときめかせてお待ちしております。

こばやし けいこ

山梨県
子供のアトピーがきっかけで、つぶつぶに出逢い、自然食品店まではじめてしまいました。 「アトピー児に良いものは、万人に良いはず!」と思ったからです。でも、直接作って食べて体感してもらう方が絶対いい!と考え、つぶつぶ料理コーチになりました。 つぶつぶに出逢って、そろそろ20年、その間、色んな自然食も試してみました。そんな経験もシェア出来たら嬉しいです。ひょうきんなB型です。どうぞ宜しくお願いします。

小松 彩乃

埼玉県
夫、6歳の娘、2歳の娘の4人家族です。 典型的な頑張り屋。 子育ても家事も完璧主義なガチガチな毎日を過ごしていました。 子どもたちには市販のお菓子は絶対に食べさせたくない! いい物を食べさせたい! という思いから、頑張って手づくりご飯を作る日々。 そんな時つぶつぶに出会って、 つぶつぶ料理のおいしさと、簡単さに感動しました♪ 『うちの子どもたちは市販のお菓子もジャンキーな物も好きです。』 今までの私なら絶対にそれを許さなかった。 でもつぶつぶって6割実践できてれば大丈夫なんです♪ 日々の食卓に本物の調味料、雑穀ご飯にみそ汁と漬け物。 基本はこれを食べているから大丈夫なんです♪ ガチガチの私がおおらかになったのも、 頑張らなくても大丈夫! 自分の身体を信頼することを知ったからです。 そんな自分になるために そんな簡単子育てをするために 私の料理教室に来てください♪♪ 子育て奮闘中のママだからこそわかる 時短のコツと工夫を丁寧に教えます! 初心者さん、お子様連れ大歓迎です♪

こみなみ まきこ

和歌山県
つぶつぶ料理コーチ、こみなみまきこです。 数年前に十二指腸潰瘍を患い、胃薬を飲まないと日常生活に支障をきたすほどの状態になりました。 このまま対処療法に頼っていても治ることはないだろうし、一生薬を飲み続けるのは嫌だなと思っていたところ、菜食料理の本に出会いました。 その本には菜食を始めて体調がよくなったことが書かれており、ならばと実践してみたところ、胃痛が収まっていきました。 その流れで菜食料理の本を集め出したところ、「つぶつぶ」を見つけました。 「つぶつぶ」に書かれていた内容は、他の菜食料理の本のそれとはだいぶ違っていて、興味が湧きましたが、本を見ながら自分で作ってみても、満足できる味にはなりませんでした。 一年ほど迷いましたが、ここで紹介されている料理の本当の味はどんなものだろう?と気になり、Scene1に申込みました。 当時は、まだ胃痛が抜けきらず、長時間座っていることが辛かったので、抱きかかえるためのクッションを持参しての参加でした。 高額だし、どんな内容なのだろう、と、恐る恐る参加したセミナーでしたが、その内容に目からうろこが落ち、いただいた料理には、今まで味わったことのない満足感を得ました。 セミナーを受けたのは冬の寒い日、平熱が35℃を切ることもあるほどの低体温でしたが、Scene1の帰り道は、心も体も満たされてぽかぽかと温かく、汗をかくほどでした。 Scene2、3と受講し、未来食スクールに通いながらつぶつぶを実践して、「食」で体や心が楽になるのだということを、すっかり良くなった体調、タフになった身体で実感しました。 以前の私のように、ひとが食べるものに対する知識がないために、体や心を病んで、一度きりの人生を台無しにしてしまうのは残念なことです。 菜食を始めてからは、「健康」や「体にいいもの、悪いもの」を頭に置いて食事をしていましたが、つぶつぶを学んでゆくうちに、「おいしいからつぶつぶを食べたい」と思うようになりました。 【おいしくて、しかも元気になれる。】 ──そんなすてきな料理を知らないのはもったいない! 毎日おいしいつぶつぶ料理を食べれば、元気になります。 元気な心身は、自身の個性・才能を発揮する土台になります。 そうして、イキイキ活躍するひとばかりになったらきっと楽しいなと想像しながら、つぶつぶ料理をお伝えしています。 つぶつぶ料理は、現代食の調理法で作ろうとすると、イマイチな仕上がりになることがあります。 おいしく作るには、少しコツが必要です。 そのポイントを押さえれば、簡単でおいしいレシピがたくさんあります♪ つぶつぶ料理初挑戦で見事つまづいた私ですので、失敗を活かしたコツをお教えできます。 まずは一度、味わいにご参加ください♪

近内 雅美

埼玉県
夫、高校生、中学生の息子、年長の娘と5人家族です。 さいたま市浦和区在住。 3才頃耳が聞こえないということが分かり、それ以来、補聴器で聴力を補って生活しています。 高校までは普通の学校に通い、短大(現大学)で全国から聞こえない人が学ぶ中で、手話を習得しました。 声を出して会話もでき、手話、口話、筆談、身振りetc駆使しながらコミュニケーションをとっています。 今は便利な音声認識して文字に変換してくれるUDトークアプリというものがあり、講演やスクールの時はそのアプリに助けられています。 つぶつぶについて知る前は、自分のできること、可能性は限られていると思い込んでいました。 夢も特になく、子供の成長を見守りながら、このまま歳を重ねていくものだと思っていました。 また、食の情報、特にインターネットの情報に振り回され、体に良いと思うことは片っ端から試し。。。 つぶつぶのことを学んだ後は、食の情報に振り回されることはなくなり、つぶつぶ料理を食べていたら、長年の悩みの種だった冷え性が改善! そして、つぶつぶ仲間たちが自分のやりたいことをどんどんやり進めていくのを見て、自分のやりたいことがむくむく出てきて、コーチに! 人の前に立つなんて赤面して無理無理、まして話すことも下手でいつもどもってしまうのに、、、と思っていた私が、いつの間にかみんなの前に立って、つぶつぶについて話している私がここにいます♪ 聞こえないことは不便だけれど、私にとっては聞こえないことが当たり前のことで、私の個性♪ そして、私がつぶつぶ料理コーチとして、輝くことで、周りの皆に勇気と希望を与えたいです☆

ごしま かつこ

茨城県
初めまして。 茨城県龍ヶ崎市でつぶつぶ料理教室 「つぶつぶキッチン龍」 ごしま かつこ です。 横浜生まれの横浜育ち 主人の転勤で茨城県龍ヶ崎市へ引っ越して19年 すっかりここがふるさとになりました。 21歳で結婚して神奈川県相模原市で過ごしていました。 子供がなかなか授からず不妊外来へ通い 2回の流産、3度目にやっと女の子を授かり 今はその子が2児の母になっています。 娘からつぶつぶが伝わりました。 娘は埼玉県蕨市でつぶつぶ料理コーチとして教室をやっています。 私は茨城県龍ヶ崎市の閑静な住宅街で活動をはじめました。 レッスンはデモンストレーション式で少人数制、入会金不要 お好きなレッスンへいつでも参加いただけます。 お子様連れ大歓迎です。 料理を通じて笑顔になる人を増やして、良き仲間に囲まれて 楽しい日々を送りたいと思っています。 お待ちしています♪♪

後藤 かおる

岐阜県
岐阜市の北部で、家族4人で暮らしてます。 50代で、つぶつぶ料理と出会い元気になりました。 いつから始めても遅くありませんこれからもっともっと元気になれます 子育て中の人、人生を楽しみたい方につぶつぶ料理の魅力を お伝えできたらいいなと思っています。 アットホームな教室なので、どなたでも安心して参加ください!

坂井 怜心

石川県
教室名の 『Sufuri』 (スィフリ) は、スワヒリ語で数字の0(ゼロ)の事。 0(ゼロ)という数字は、【無限・リセット・始まり】を意味します。 私自身、つぶつぶに出会いワクワク・キラキラした人生が動き始めました。 つぶつぶ料理で、あなたもより豊かで幸せな人生を始めてみませんか? まずは、あなたが満たされ輝く事が大切。 そのお手伝いが出来る事を、心から楽しみにしています。 〇Facebook つぶdeおうちごはん『Sifuri』 〇Blog    つぶdeおうちごはん『Sifuri』        http://ameblo.jp/tsubudeouchigohan-sifuri/

佐川 晴美

岩手県
 平成27年、28年間勤めた中学教師を早期退職。 「私が今、一番大切にしたいことを大切にしよう」  それは、日々の暮らしと家族とのふれあい、そして自分のココロと体。  まず取り組んだのは、健康第一ということで毎日のジョギング。しかし体重は変わらず。また、以前から趣味のスイーツ作りで大量の砂糖やバターに罪悪感を感じていたが、ある時、砂糖を使わないつぶつぶスイーツに魅かれ、雫石の「つぶつぶ料理教室つばさ」の伊藤信子さんのレッスンで「未来食つぶつぶ」と出会う。徐々につぶつぶ食を取り入れ、翌年に完全に切り替えると、とたんに半年で5キロの減量に成功。肌もしっとりすべすべ、気力がみなぎり、1年半でハーフマラソン(21キロ)を完走できるまでになった。朝からてんこ盛りの雑穀ご飯、食べ放題のつぶつぶスイーツで毎日快食、快眠、快便。体重も変わらず。風邪もひきにくくなった私は、ココロが解放され、活動的に。マラソン、畑づくり、書道、旅行、様々な講座、ボランティア活動、たくさんの個性あふれる人たちとのミラクルな出会い・・・私が今したいことに全力で向き合える日々を実現!  その一方で介護も経験。人生どう生きる?人生最期の食とは?という新たなテーマを見出だし、コーチとして模索していく覚悟で平成30年夏デビューを果たした。自然豊かな岩手の地での夫と愛犬との暮らしは自然素材の家、自然の法則に沿ったつぶつぶの食とともにやすらぎとなっている。  夫は現在マラソンでつぶつぶアスリート食の効果について検証中。これまで8回100キロマラソン挑戦、リタイアなし継続中。

佐藤 愛

宮城県
初めまして!宮城県仙台市在住の佐藤愛です。 14年前、父が心筋梗塞で倒れたことをきっかけに、 健康に関心をもつようになりました。 流行りの健康情報を、次から次へと試す、 健康ジプシーだった私が、「つぶつぶ」に出会い、 人生が激変。 苦手だった料理が大好きになり、 長年悩んでいた、便秘、鼻炎、砂糖中毒も解消! 体型へのコンプレックスから長年、食事制限を していましたが、 今では雑穀ごはんを1日2合食べ、 スイーツを食べても太らない体になりました。 雑穀料理ってなんだか難しそう。体には良さそうだけど、おいしいのかな? 興味はあるけど、お肉もお魚も食べているし、スイーツも好きだから、大丈夫かな?と思っている方! 以前の私もそうでした。今、どんな食事をしているかは問題ありません。 つぶつぶは6割実践できていればOKなんです! お家のご飯が1番おいしいですが、たまには外食も楽しんでいます♥️ つぶつぶは、そんなゆる~い感じで自分の感覚を信頼して、 食べたいものを食べたい時に食べたいだけ食べてOKなんです。 まずは料理教室でこの「おいしい」を体感していただきたいです。 おいしい、楽しい、楽ちんな「つぶつぶ」を、一緒に楽しみませんか? ブログ「つぶつぶ雑穀とお菓子の家IN仙台」 https://ameblo.jp/aiaixxaiai

しみず さとこ

神奈川県
神奈川県横浜市のつぶつぶ料理コーチ しみずさとこです。 夫と2人の子ども(10才、7才)と共につぶつぶを楽しんでいます。 未来食つぶつぶを実践し始めるようになってから、 カラダの不調も消えて、 ココロもカラダもすっきりして、生活もとってもシンプルになりました。 料理が苦手だった私でもつぶつぶをここまで続けているのは、 簡単に美味しく作れるからです。 家族もそして周りの人もニコニコ笑顔にしたい! つぶつぶを一緒に楽しみたい仲間を募集中です♪

新保 美奈

北海道
はじめまして。 北海道旭川市 つぶつぶ公認料理コーチ 新保美奈です。 (我が家は転勤族で 2019年4月、旭川に転居してきました) 私がつぶつぶ料理に出会ったきっかけは 生後5ヶ月で診断された 娘のアレルギーとアトピーでした。 離乳食の本に書かれていることも 保健センターで教わることも アレルギーのある娘には、指導通りに実践できない。 娘はカルシウム足りてる? 栄養バランスはどうやって取ったら良いの? 娘に何を食べさせたら良いかわからず 不安な毎日が続きました。 かゆくて掻いて、泣いて眠れない娘を ずっとさすり続け 毎日が長い夜でした。 根本的に治せたら、との思いから 夜な夜なネット検索し、やっと見つけた自然食。 料理が苦手な私は いつもいつも食事のことで頭がいっぱい。 一日中、ずっとがんばってキッチンに立ち 必死でした。 でも、結局最後は 玄米を毎日炊き続けることすら困難になり・・・挫折。 自信喪失、不安、イライラ、罪悪感・・・ そんな時、つぶつぶ(雑穀)料理に出会いました。 おいしくて感動! どう作るのか知りたくてワクワク! 料理が苦手な私にもできる簡単メニューに安心! 料理教室に通い 夢中で、作っては食べる、を繰り返しているうちに いつの間にか、娘のお肌は改善していました。 1年も経っていなかったと思います。 卵も乳製品も使わないレシピなので 除去食や代替食を考えなくて済み、安心でラクです! アレルギーがあるのを忘れてしまうくらい! 気付けば、それまでの悩みが悩みでなくなり 大変な食事作りの毎日ともさようなら! 矛盾がない 罪悪感もない 制限や我慢もない がんばりもいらない 何より簡単でおいしいから止められない! 娘のお肌もすっかり良くなった今でも つぶつぶ料理を続けているのは そのような理由からです(^^) 毎日安心して食事作りできる幸せ♡ 家族揃って我慢なく食事を楽しむことができる幸せ♡ 子どもの元気を支えられる幸せ♡ そんな幸せを ママであるあなたが、あなたの手で普通に叶えられます! をお伝えしたいと思い つぶつぶ料理コーチになりました❤ どうぞよろしくお願いいたします。

タカガキ ミワコ

埼玉県
心と体においしい♡「未来食つぶつぶ」を一緒に体験しましょう!

髙杉 多希

青森県
雑穀料理教室講師/家族の健康を思う主婦のための料理コーチ 雑穀カフェ「Wasamodora」(ワサモドラ)オーナー 1982年1月10日生まれ。 弘前市出身・在住。弘前三中、弘前工業高校建築科卒業。 全員大食漢で、食べることが大好きな家で育つ。 人間観察が好きで、人に関わる仕事がしたくて、 工務店営業、写真館アシスタント、保険外交員として働く。 2006年長男出産時に専業主婦となり、自然な子育てと生活を目指して、 たくさんの食の健康情報を試すが、夫に美味しいと言ってもらえず悩んでいた時、 当時住んでいた八戸市で、雑穀と野菜のベジタリアン料理「つぶつぶ」と出会う。 その美味しさと理論の矛盾の無さにほれ込み、伝える道へと進む。 つぶつぶ未来食スクール(東京)へ通い、 2016年1月より、つぶつぶ認定「つぶつぶ料理コーチ」となる。 以前の自分のように、料理が美味しく作れなくて自分に自信がない人、 健康に不安があるが、食事をどのように変えたら良いか分からない人へ、 食と健康のつながりを「美味しさのルール」で伝える。 参加者からは、 「丁寧に教えてくれるので、家での再現率が高い」 「家族にも好評!」 「毎日料理をするのが楽しくなった」 との声が多い。 Facebookに投稿する毎日の食卓の写真や、 日々の気付きを伝えるメルマガも好評。 夢は、料理を楽しむことで自信を持って輝く女性でいっぱいにすること。 「つぶつぶの楽園・弘前」を目指し、自宅で料理教室を開催中。 雑穀料理を食べてみたい人のために、2017年6月、 水曜日だけの雑穀カフェ「Wasamodora」(ワサモドラ)をオープン。 夫と12歳、10歳の男の子の4人家族。 2018年10月から念願のピアノを習い始める。 効率重視の理系なため、生徒さんからは、 「多希さんが料理をしていると、理科の実験をしてるみたい」 と言われる。

高橋 佑実

福井県

滝澤 久美子

神奈川県
自然食どころか食にも料理にも興味がなく、無農薬野菜すら買ったことがなかった私が「雑穀って美味しいんだ!」というたった1回の感動から病み付きに。 突然、料理の世界に飛び込んできました。 他の料理の知識がないからこそ、素のままで学ぶことが出来た未来食つぶつぶ。 美味しさだけじゃないつぶつぶの魅力をお伝えできたらいいなと思っています。 通称「コックピットキッチン」と呼ばれるコンパクトスペースでも大満足のつぶつぶ手料理が作れる体験を一緒にしてみませんか? ★ブログ「ごはんとわたしのイイ関係♡(仮)」★ http://kitchensora.com ★Instagram★ https://www.instagram.com/kumiko_takizawa/ ★Twitter★ https://twitter.com/kumiko_takizawa ★Facebook★ https://www.facebook.com/kumitakky ★LINE@★ https://line.me/R/ti/p/%40hpb2523h

田下 美代子

岡山県
石川県金沢から夫の岡山に引っ越したい!の一言で 行くか行かないか決断を迫られ、 新しいことに挑戦しようと 岡山に移住しました。 今までの仕事がもうできないと思っていた時に つぶつぶコーチという働き方がある! ということを知ってから 私コーチになる! そう決め最短コースで駆け上がりました。 はじめて食べておいしい!の感動 シンプルなのにこの味が出せるなんて!とはまって家族で食べていたんです。 でも、続けられた1番の理由は つぶつぶ創始創始者「大谷ゆみこ」の 食を通しての生き方、考え方に感銘!したからなんです! 親愛なる天真爛漫夫と二人暮らし。 夫も子供も笑顔と健康なココロが手に入る暮らし!の応援! そして、お互い高めあえる仲間の場をここに作りたいとお待っています! そんな皆さんにお会いするのを楽しみにしています。 *** ◆Blogは、岡山市北区『おいしい!シンプル!時短料理教室まんま倶楽部」で検索 ◆Facebook、個人ページ田下美代子で検索 *お友達リクエストの際はメッセージ頂けると嬉しいです。

田中 みきこ

愛知県
愛知県大府市(おおぶし)に、夫、子ども2人(園児、幼児)と暮らしています。 つぶつぶには、「砂糖を使わないスイーツ」を探していて出会いました。 つぶつぶを実践すると、私や家族の心身の変化(前向き・行動的になる、お通じ・冷え・花粉症など改善…)が起こりました。 一番うれしい変化は、「つまんない、やりがいがない…専業主婦の暮らし…モヤモヤ」から解放されたことです。 つぎに、「大いばりで、スイーツを親子で満喫できる」ようになったことです。 以前のわたしと比べると、「軽やか♪」に暮らしています。 はじめての方でも、リラックスして楽しんでもらえるよう、わかりやすくお伝えします。 お会いできるのを、楽しみにしております。
12345
類似教室にご注意ください!

つぶつぶ公認教室は、つぶつぶ公式サイトの認定講師リストに掲載されている教室です。
昨今、類似教室の情報が寄せられております。レッスン受講の際には、認定講師の教室かご確認をお願い致します。